マメハルがやってみるブログ

無職が「得意」を活かしてフリーランスを目指すよ!

MENU

【クリエイター支援】始めて投げ銭を頂いて思ったこと

f:id:yorozumameharu:20180505200820j:plain

こんにちは。無職のアラサー女マメハルです。

 

NoteやPixivファンボックス等、ネット上でのクリエイター支援がだんだん盛んになってきましたね。

 

私もnoteで漫画を投稿したり、pixivファンボックスの運営なども考えていたんですが「投げ銭って言っても貰えるのって結局はトップクリエイターの人達だけでしょ…?寄付先作っても意味ないんじゃないかなぁ。」って思ってました。

 

そんなときに、ヨネダ メガネさん(@yoneda_megane)のこちらの企画を発見!

 

 

【企画】ツイッターで絵を描く人にビットコインを配る | FXサーチ👓

少しずつネットでの投げ銭が盛んになっているとは思っていますが、まだまだ数は少ないと思います。

そこで登場したのが仮想通貨です。仮想通貨は個人が簡単にお金を移動させることができるのが特徴です。が、仮想通貨をつかった投げ銭サービスは登場しているのですがなかなか浸透していません。

僕も色々と考えたのですが、寄付先を用意していない人に寄付をするのは難しくやっぱり用意してもらうのが1番だ、と思いました。

そこで絵を描いている人に僕が直接ビットコインを送りまくろう!と思ったわけです。

 

これは!と思い参加させていただきました!

 

 

 

はじめていただいた投げ銭だったのですごく嬉しかったです…!絵の感想までいただき、とても刺激になりました!

 

めちゃくちゃありがたいわね。

 

投げ銭を貰って思ったこと

ヨネダさんも書かれていたように、寄付先を用意していない人に寄付をするのって難しいですよね。

 

「インフルエンサーなら寄付先用意した方がいいだろうけど、自分はまだまだ…。」なんて思いもあったんですが、ネット上で活動する以上、やっぱりちゃんと寄付先は設けておくべきだなって思いました。

 

「貰えるかどうか分かんないけどとりあえず作っとくか!」くらいの感覚でいいんじゃないかな。

 

 

あとフォロワー数=信用の数だと私は思っているので、そのあたりももっと意識してTwitter運営するべきだなって思いました。

 

最後に

どこで誰がイラスト見てくれてるか分からないし、もしかしたら「寄付したい!」って思ってくれるかもしれないですからね…。イラストでお金を貰う以上、そういうところもきちんと運営すべきなんだろうなって思いました。

 

クリエイター支援の波、上手く乗りこなしたいですね!