マメハルがやってみるブログ

無職が「得意」を活かしてフリーランスを目指すよ!

MENU

子ども連れで田舎に移住する前に知っておいて欲しい田舎のデメリット

f:id:yorozumameharu:20171103112256j:plain

こんにちは。無職のアラサー女マメハルです。

 

都会から田舎への移住がなにかと話題になっていますよね。

移住プロジェクトに積極的に取り組んでいる地方自治体も多くなってきています。

 

田舎というとドラマやアニメなんかでは「住んでいる人達がみんな心温かい」という良い描き方をされることが多いですが、田舎育ちの私から言わせると田舎って閉鎖的で嫌なところしかないなって思っています。

 

特に子供は辛い。

 

「自然の中でのびのび子供を育てたい!」という方も多いと思いますが、子供を連れて田舎に移住するのならば田舎のデメリットをよく認識しておく必要があると思います。

 

今回は田舎の嫌なところ、特に子供にとってのデメリットについて書いていきたいと思います。

目次

私が生まれ育った田舎

私の生まれ育ったのは、人口5000人程度の特に名産物も思いつかないような町。

駅は無人駅で自動改札もないし、商店街らしきものもない。

 

田んぼと畑だらけのところです。

みんな車で移動するので、日中外歩いている人はほとんどいませんね。

 

祭りはやるけどほとんど出店がない。(人少なくて儲けないから?)

限界集落ではないけれど、田舎度合い高めのかなり寂しい町です。

嫌な人間関係を断ち切れない

人口が少ないので同級生の数ももちろん少なくなります。

 

幼稚園、小学校、中学校までは基本ずっと一緒だし、学力が同じくらいの子は大抵同じ高校に進学します。

大学進学でやっとバラバラになるという感じなので10年ぐらいは同級生との関係が断ち切れない環境です。

 

学校の教室ほど閉鎖された空間ってそうないと思うんですが、その上さらに同じメンバーで生活し続けるんだから人間関係のこじれが原因で途中で不登校になる子がいても全然おかしくないんですよね。

 

いじめっこいじめられっこがずっと同じクラスにいることになるし、1回できた上下関係からずっと抜け出せない状態になります。

 

本人が努力しても「〇〇はこういうヤツ」という以前のイメージが定着してしまってずっと変えられない。

私の場合はいじめじゃないけど、意地の悪い子のターゲットになってました。大人になって考えてみても、よく毎日学校通ってたなって思いますもん。その子のせいで幼稚園~小学校は良い思い出ほとんどないです。

この時期に良い思い出がないって悲しすぎるんだけど。

若者は人間関係を断ち切りたくて都会に出る

田舎の若者が都会を目指すのって、こういう昔からの嫌な関係を断ち切りたいからっていうのもあるんですよね。

地元で生活する限り、子供の頃のイメージがずっとついてまわることになるから。

 

私も大学進学で地元離れたときすごくほっとしたし解放感にあふれてました。

まとめ

田舎の嫌なところ、特に子供にとってのデメリットについて

・幼稚園、小学校、中学校までは基本同じメンバーので、嫌な人間関係をずっと断ち切れない。

・1回できた上下関係がずっと続くことも。

 

田舎の学校だと友達同士の結束が固くなる、先生からの指導が行き届きやすくなる等のメリットもあるのかもしれませんが、少なくとも私は「同じ人間関係からずっと抜け出せない」という点で非常に苦しみました。

(今はその頃の人間関係は断捨離しました)

子どもの性格にもよるとは思いますが、子供を連れて田舎への移住を考えている方はこういうこともあるんだってことを子供のために知っておいてもらえればと思いました。