マメハルがやってみるブログ

無職が「得意」を活かしてフリーランスを目指すよ!

MENU

「センスが無い」で諦めないで!センスの無さをカバーする方法!

f:id:yorozumameharu:20170907140811j:plain

 

こんにちは。無職のアラサー女マメハルです。

 

突然ですが「自分センスないな~」って落ち込んじゃうときってありませんか?

やってみたいことがあるけど自分にはセンスがない、オシャレしたいけどファッションセンスがない、料理ができるようになりたいけどセンスがない等々。

 

「センスがないから自分には無理」とやりたいことを諦めちゃう人も少なくないと思います。

でも「センスがない」でやりたいことを諦めちゃうのってすごくもったいない!

センスの無さをカバーする方法があるから是非試してみて欲しい!

 

私も以前ある仕事(ブラック企業)をしていた時、自分のセンスの無さに絶望する日々を送っていましたが、試行錯誤の末結果も出せるようになり、最終的には「マメハルさんセンスあるね」って言われるまでになりました。(その後すぐ辞めてやりましたが…。)

 精神的に追い込まれて編み出した方法らしいけど、かなり効果的だったらしいから皆さんもやってみて。

目次

 センスある人を分析して真似する

自分が「この人センスあるな~」と思う人を分析しまくりましょう!

何が上手いと感じるのか、どこが洗練させているのかを把握。

 

もしできるなら数値化すると分かりやすいし、かなり効果的ですね。

感覚じゃなくて数字になるから理解しやすくなる。

センスがある人の真似をすれば、自分にセンスが無くてもハイセンスな結果が出せます!

 センスが無い人は自分の感覚を信用しない方がいいです!センスがある人に自分を寄せていくことを考えていきましょう!

 「センスのいい見本」を作成

センスがいい人の分析をして、「センスのいい見本」を作成しましょう。

 

例えばセンスのいいイラストを描けるようになりたいなら、センスがいい人が描いたイラストの画像をまとめて保存しておく等、パッと確認できるようにしておきます。

実際にイラストを描くときはこれらの見本を毎回確認し、それに近づけることを考えて絵を描いていきます。

 私の場合は写真画像を補正する仕事だったんですが、毎回見本画像を何枚もデスクトップに表示してそれに寄せていく作業をしていました。

 結論!

センスのない人はセンスのある人の真似をするようにしましょう!

センスのある人って何となく感覚でできちゃうものだけど、センスのない私達は自分の感覚を信用しちゃダメです!

 

 センスが無くてもやり方次第でカバーできるってことね。皆も「自分センス無いから…」で諦めずにやりたいことはどんどん挑戦してみて!